~ヘッダー&アイコン屋さんはじめました~

自立支援医療(精神通院医療)制度も申し込んだよ

発達障害

こんにちは。まいみゅーです。

先日精神障碍者保健福祉手帳の申し込みをした際に一緒に申し込みました。
今日は精神疾患により、継続した通院が必要になった場合に受けられる自立支援医療(精神通院医療)制度についてのお話です。

治療のためにお仕事を休職、もしくは退職している方も多くいらっしゃると思います。
日々の診療費やお薬代が負担に思われる方も多いのではないのでしょうか?
そこで本日は、通院や治療にかかる費用が軽減される自立支援(精神通院医療)制度についてお話します。

自立支援医療(精神通院医療)制度とはどういった制度なの?

申請をして許可をされた病院や福祉施設、処方箋薬局にかかった医療費が軽減されます。

(例えば病院を転院したい等となった場合には都度申請が必要です。)

利用者はかかった医療費の1割(一般的な健康保険に加入されている場合は3割ですね)を負担する必要がありますが、

この自立支援医療(精神通院医療)制度世帯所得に応じて月額の負担上限が設けられています。

月額の負担上限額以上の医療費がかかる場合は、それ以上の医療費はかからないそうです。

繰り返しになりますが、世帯所得によって上限金額が違います。

上限金額の詳細は下記の厚生労働省のHPにPDFがありますのでそちらでご確認ください。

厚生労働省 自立支援医療

対象者

総合失調症、うつ病などの精神疾患により、入院は必要としないが、継続した通院治療を受ける必要があると判断された方。

発達障害で継続的な通院をされている方も利用できます。

有効期限

1年更新制です。

翌年の更新には診断書はいらないそうですが、2年後の更新には医師の診断書が必要となる旨の説明を受けました。

この制度もお医者さんの診断書が必要ですが、手帳とSETで申し込めば診断書は1通で済みます。

別々に申請をだすと都度診断書がいるそうです。

なので精神障碍者保健福祉手帳の申込や更新の申請と同時に行うことを役所の方がお勧めしてくださいました。

何処で申し込めるの?必要な持ち物は?

お住いの市町村役場の担当窓口で申請ができます。

申請時に用意する物

  • 自立支援医療費(精神通院)支給認定申請書
  • 自立支援医療診断書(精神通院)(申請日から3か月以内に作成されたもの)
  • 医療保険の加入関係を示す書類(受診者及び受診者と同一の「世帯」に属する方の名前が記載されている医療保険被保険者証等の写し)
  • 「世帯」の所得状況等が確認できる書類(区市町村民税課税・非課税証明書等)(私の場合はマイナンバーカード通知カードで大丈夫でした。)

最後に

生活不安から症状が悪化したりもします。

私の周囲はあまりこいうったメンタル系の病気に理解のない人が多くいました。

自分自身ただの甘えだろと自分に言い聞かせていた面もあり、ギリギリに追い込まれてやっと病院に行った感じです。

わたしの主治医はちょっと変わった人です。

たぶんわたしと同じ種類の人です。

でも親身にこういった制度を利用しましょうなど、生活になるべく負担がかからないように治療を提案してくれます。

とにかく一人で苦しまずに、まずはお医者さんに相談するのが一番だと思います。

 

最後まで読んでくれてありがとう

発達障害
まいみゅーをフォローする
プロフィール
プロフィール

ドジっ子をこじらせた結果ADHDであることが発覚。
ぽんこつ人間から進化して、自分らしく生きるためにフリーランスでデザインの道を志すことを決意。
まいみゅーじあむとは、そんな管理人まいみゅーがお送りする雑記ブログである
もっと詳しい自己紹介

🎨アイコン&ヘッダー屋さんはじめました🎨
お仕事依賴について
TwitterのDMかメールでのお問い合わせも受付中。
まいみゅーじあむ

コメント

まいみゅーのつぶやき