~ヘッダー&アイコン屋さんはじめました~

注意欠陥障害のぽんこつ人間が、忘れ物をしなくなった方法。

ライフスタイル

こんにちは!まいみゅーです。

注意欠陥障害を持ってると忘れ物に困る事が多いです。

わたしも小学生の頃から忘れ物大王でした。

忘れ物をしないようにと、生活に少しだけ工夫をと入れることで改善されます。

そこで今日はわたしが効果を感じて実践している「忘れ物を減らす工夫」を紹介します。

冗談でなく、学校にランドセル忘れた事あります。

忘れ物対策①同じ物を複数持つ

自宅用と持ち歩き用に同じものを複数個持ちましょう。

大事なものはバックの中にいれっぱなしにしておけば、外出先にバックを忘れさえしなければ安心です。

わたしは眼鏡などなくては困るようなものは、自宅用と持ち歩き用で二つ用意しています。

会社や学校にのスペアを置きっぱなしにしておくというのも有りです。

忘れ物対策②バックインバックを使う

バックを変えると忘れ物率が高まります。

なるべく同じバックを持ち歩くのが理想ですが、そうもいかない時もあるのでバックインバックで中身を管理しましょう。

バックインバックを入れ替えさえすれば最低限なんとかなる!という荷物造りを心掛けています。

忘れ物対策③小物類はまとめて紐をつける

なるべく同じ使用目的の物はまとめて管理します。

100円ショップでビヨーンって伸びる紐のついたキーホルダーに家の鍵、自転車の鍵、パスモと移動に関係するアイテムをまとめて括り付けてます。

沢山まとめてジャラジャラする事で、物理的に存在感があり忘れにくいです。

 落としたときに音でわかるように鈴を付けるのもオススメ。

カラビナでバックに固定しますが、カラビナだけは100円だとすぐ壊れるので、ちゃんとした強度のあるものを購入した方が良いです。

忘れ物対策④派手な色にする。

主張の強い派手な色にすると視覚的に目立つので、無いと違和感を覚えます。

どこに置いたか忘れてしまったときも見つけやすくなります。

大きなものは黒で締めて、見つけづらい小さい小物はショッキングピングとか派手目の色にしてます。

まとめ

・同じものを自家用、持ち歩き用で複数持つ
・バックインバックを使う
・小物類はまとめて紐をつける
・派手な色にする

ちょっとの工夫でだいぶ忘れ物が減りました。

一番良いのは事前に落ち着いて確認するっていう事なんですけど、わかっていても出来ない事もあるし、やっても見つけられないのがADHDの困ったポイントです。

知恵を絞れば生活の困りごとを減らす事はできますので参考までに記事にしてみました。
忘れ物に困っていたら試してみてください。

最後まで読んでくれてありがとう。
些細な事でもやってみるとちょっと違う。

ライフスタイル発達障害
まいみゅーをフォローする
プロフィール
プロフィール

ドジっ子をこじらせた結果ADHDであることが発覚。
ぽんこつ人間から進化して、自分らしく生きるためにフリーランスでデザインの道を志すことを決意。
まいみゅーじあむとは、そんな管理人まいみゅーがお送りする雑記ブログである
もっと詳しい自己紹介

🎨アイコン&ヘッダー屋さんはじめました🎨
お仕事依賴について
TwitterのDMかメールでのお問い合わせも受付中。
まいみゅーじあむ

コメント

まいみゅーのつぶやき