~ヘッダー&アイコン屋さんはじめました~

手帳をつけよう!ぽんこつ人間による手帳会議第1回:手帳について調べてみた編

ライフスタイル

こんにちは!まいみゅーです。

今回は手帳のお話をするよ!

9月、10月は来年にむけて各種メーカが来年の製品を発売し出揃い始めます。また10月始まりの手帳も多くあります。わたしは、近年スマホアプリでスケジュール管理をしていたのですが、改めてアナログな手帳冊子に回帰をしようと計画中です。

今まではこの色が好きだからとか、あのキャラクターが好きだからというなんとなくな理由で手帳を選んでいました。

今回は生活ログを残すという目的のための購入です。
目的を実行使用しやすい手帳を購入しようと調べ始めた中で、手帳の世界の奥深さを知りました。

そこで今回は手帳にはどんな種類があるのか等を記事にします。

手帳をつける目的

一般的なスケージュール管理とは別に目的意識を持って手帳を活用されている方も多いようです。

  • ライフログを取りたい
  • ToDo管理をしたい
  • 金銭管理を上手にしたい
  • その他自己啓発系

使用方法は多岐に渡りますが、テーマに沿った使い方がしやすく作ってある製品も多くあります。

こういったテーマ性を持った手帳を使う事で、普段のスケジュール管理を更に楽しんで行うことができそうです。

スマホアプリとアナログ手帳のメリットを比較

まずはスマホのスケジュール管理アプリと、アナログな冊子型の手帳を比べてみます。

それぞれ使用する製品によって機能面で個体差がありますが、大まかに思いついたメリットを書き出してみます。

デメリットはあえて考えない主義。笑

一概にどちらが良いという訳でもなく、どちらも手放せないから併用してるよ!って方も多いと思います。

スマホのスケジュール管理アプリ

  • 荷物がかさばらない
  • 時間になったらアラームで通知してくれる設定ができる
  • Googleカレンダー等クラウドやWEB上のカレンダーと連携できる
  • 連グループ複数人で予定を共有出来る機能が使えたりする
  • 予定の入力がサクッと終る

アナログ手帳

  • デザイン・サイズ・リフィルのタイプなど、種類が豊富で好みに合わせた選択が可能。
  • 突然データが消えるなどのリスクが低い。
  • 持っているだけでなんかお金持ちや出来る人っぽい。
  • 直接紙に書くことで、予定が記憶に残りやすい。
  • 使い終わっても思い出の品として残しておける。

手帳にはどんな種類があるんだろう?

今度はリフィルのタイプ別に見ていきたいと思います。

大まかにわけると6タイプあるようです。

一つのフォーマットに特化した物もありますが、だいたいはこの6タイプのフォーマットから複数を組み合わせて搭載しているものが多い様です。

マンスリー

カレンダーと同じブロック型の作りになってるフォーマットです。

書き込めるスペースは少ないですが、ひとめで一か月の予定がわかるのが便利ですね。

スタンプやシールで予定をつけたら華やかになりそうです。

ウイークリー(レフトタイプ)

1週間の予定と、メモ欄が見開きで確認できるタイプです。

予定は簡単に確認できれば良いけど、書き込みたいことが沢山あるという方におすすめ。

右側でタスク管理や日記を書き込むことができたりと、自由度の高さが特徴です。

ウイークリー(ブロックタイプ)

1週間を見開きでブロック型に区切ったフォーマットです。

その日ごとにToDo管理や簡単な日記を残しておけます。

ウイークリー(バーチカルタイプ)

1週間見開きで時間単位での予定が書き込めるタイプです。

時間別に細かい書き込みが可能なため、会議の予定などビジネス用に使うと便利かも。

デイリー

1日1ページ、見開きで2日分のタイプです。

使い方はその人次第。イラスト日記や写真をコラージュして旅行記にしている方を見かけました。

お仕事のネタ帳として使ってる方もいるみたいです。

書きたい事がたくさんある人向きですね。

個人的には上級者向きという印象を受けました。

ガンチャート

プロジェクトを管理するためのフォーマットです。

横棒を書き込む事で進捗状況を確認することができます。

同じ内容を繰り返すようなToDo管理を日ごとにチェックできます。

毎日の体重や血圧などを書き込んで管理している方も見受けられました。

手帳のサイズ

冊子型のアナログ手帳では同じメーカ品でもサイズ違いの物を展開していたりします。

大まかにわけると4種類、

A6(105×148)、B6(128mm×182mm)、A5(148×210mm)、B5(82×257mm)。

製品によってはA5スリム型など定型からの変形サイズになっている場合もあります。

また定型サイズ名以外に下記のようなサイズの呼び方をしている製品もあります。

バイブルサイズ=B6(128mm×182mm)

ポケットサイズ・マイクロサイズ=製品によってまちまちですが、B7(91×128mm)くらいの胸ポケットに収まるサイズ。

手帳の付加機能

各手帳製品には一緒にあると便利なおまけのページがあります。

  • 首都圏の主要電車路線図
  • アドレス帳
  • メモ
  • Wishリスト
  • 家計簿

上記の他にも無数にあります。各種製品によってまちまちですが、こういうおまけページで独自の個性を放つ製品も数多く存在します。

手帳全体にスケジュール管理以外のテーマ性を持っている製品はこのおまけページが豊富です。

まとめ

なんとなくは見知っているけど、改めて整理するといろんな種類の手帳があるんだなという事がわかりました。

それぞれの使用目的、生活スタイルにあわせて使いやすい手帳を選ぶ事が大事だと思います。

今回は記載しませんでしたが、紙質や筆記用具との相性など、手帳の世界は知れば知るほどマニアックな世界が広がっていました。

市販の手帳に納得がいかないので手帳を自費出版された方がいたり、毎日5冊を掛け持ちで書き込む人など手帳の魔力に憑りつかれて面白いことになっている人もいっぱい居ました。

うかっかりわたしも手帳の沼に嵌って行きそうです。

最後まで読んでくれてありがとう。

次は実際に自分が購入した手帳について書く予定だよ!

ライフスタイル
まいみゅーをフォローする
プロフィール
プロフィール

ドジっ子をこじらせた結果ADHDであることが発覚。
ぽんこつ人間から進化して、自分らしく生きるためにフリーランスでデザインの道を志すことを決意。
まいみゅーじあむとは、そんな管理人まいみゅーがお送りする雑記ブログである
もっと詳しい自己紹介

🎨アイコン&ヘッダー屋さんはじめました🎨
お仕事依賴について
TwitterのDMかメールでのお問い合わせも受付中。
まいみゅーじあむ

コメント

まいみゅーのつぶやき