~ヘッダー&アイコン屋さんはじめました~

OBSでゲーム配信をしよう!!OBS設定編

PC・ゲーム

こんにちは!まいみゅーです。

今日はわたしの実際に使っているゲーム配信に使っているツール『OBS Studio』略してOBSの使い方を説明します。

自分のゲームプレイを撮影しておくと、

一緒に遊んでいる友達と攻略のための復習ができたりして便利だよ!

※今回は配信サービスのアカウントを既に持っている前提でご説明です。

お持ちでない方はYouTubeやTwichiなどの動画配信が出来るサービスのアカウントを取得しましょう。

ゲーム配信をするために必要な物

  • ゲームを配信する場所(YouTube、Twichi、ニコ生等のサービス)のアカウントと設定
  • 配信したいゲーム
  • 配信したいゲームの画面を取り込むキャプチャーツール

OBSとは

OBSを簡単に説明すると自分のPCの画面を撮影するためのビデオカメラのようなツールです。

YouTubeやTwichiといったストリーミングサービスと一緒に利用して、動画の生配信もできますし、録画だけすることもできます。

ダウンロード

下記のページからインストーラーがダウンロード出来ます。

お使いのPCの種類を選んでダウンロードしてください。

ダウンロード | Open Broadcaster Software
Open Broadcaster Software is free and open source software for video recording and live streaming. Stream to Twitch, YouTube and many other providers or record

ダウンロード先のフォルダにこだわりがなければ、すべてデフォルトの設定のまま進めれば大丈夫です。

設定方法

※これから説明するのは必要最低限の設定方法です。各種微調整の方法は今回は省かせて頂きます。

OBSを起動したらこんなかんじになっていると思います。

よく使うボタンに説明用の番号をふりましたので、ボタンの位置に迷ったらご確認ください。

配信サービスとの連携設定をしよう!

④の設定ボタンを押すとOBSの各種詳細設定ができます。

まずは配信のタブを開いて、各種配信サービスとの連携をしましょう。

サービスのタブでまずは使いたい配信サービスを選択します。

次にストームキーを入力します。

Twichiの場合:ダッシュボード>設定>配信キー>配信キーを表示のボタンを押したら出てくるコードをコピペします。

Youtubeの場合:クリエイターツール>ライブストリーミング>ストリーム名/キーのコードをコピペします。

各種使いたいサービスで自分の配信用に固有のキーコードが発行されていると思うので、サービスで使いたいサービスを選んでストリームキーに該当サービスで発行されている固有のキーコードを入力してください。

音声や出力のタブに関しては基本的デフォルトの設定で問題ありませんが、画質など微調整の必要がある場合は設定。

ゲーム画面をOBSに取り込もう!

配信したいゲームを起動して、⑦のソースのブロックにある+マークを押しましょう

この+マークを押すことで、OBSに画面や画像を取り込む方法が選べます。

今回はゲーム配信なのでゲームキャプチャーを選択。

そのままうまくとりこめたらOKボタンをおしてください。

うまく取り込めない場合は一度OBSとゲームを再起動してみましょう。

それでもだめだった場合は↓の二つを試してみてください。

うまくとりこめなかった場合①

モード:特定のウィンドウをキャプチャに変更

ウィンドウ:自分のやりたいゲームのウィンドを選択。

アンチチート互換性フックを使用するにチェックを入れる。

うまくとりこめない場合②

OBS.exeのプロパティを開いて互換性タブの中にある『管理者としてこのプログラムを実行する』にチェックをいれてOKを押す。

管理者としてOBSを起動して設定をしてみてください。

画面の取り込みと配信サービスとの連携が正しく設定できていれば、

①の配信開始を押したらすぐにゲーム配信をスタートすることができます!

配信を終了したいときは配信開始ボタンの場所がが配信終了ボタンになっていますのでそこを押したら終了です。

知っておくと便利な設定

配信の際に知っているとちょっと便利なお話。

配信や動画に音声をいれたくない場合

⑧のミキサーにあるデスクトップ音声とマイク音声のスピーカーマークをクリックするとミュートになります。

ディスコードやSkypeの音声を配信や動画にいれたくない場合

これは何種類か方法があるんですが、一番簡単な方法を一つご紹介。

通話アプリ音声をヘッドフォンから出力(通話アプリ側で設定)します。

その他の音声はご使用のスピーカーのままにしてください。

①の設定ボタンを押して左側の音声のタブをクリック。

デスクトップ音声ディバイスをご使用しているスピーカにデスクトップ音声ディバイス2をDisabledに設定。

こうすることでご使用のスピーカーで拾っている音しかOBSは拾わなくなります。

画面を隠したい時

シーンを追加して、切り替えることで画面を映したくないときに別の画像を表示しておけます。

⑥のシーンのブロックにある+マークを押してシーンを追加します。

新規で作ったシーンを選択して⑦のソースのブロックにある+マークを押して画像を追加。

お手持ちのお好きな画像を選んでOKを押す。

このままだと上の画像のようになってしまって不格好なままです。

先ほど作った画像を選択して作ったソース名を右クリックして変換>画面に合わせるを選択。

画面にあったサイズにリサイズされました。

画面を隠したくなったら今作ったシーンを選択して映しておけばOKです。

音声も切りたいときはスピーカーやマイクもミュートにしましょう。

スタジオモードを使えば自分が見ている画面と視聴者に見せている画面を別にすることができますが、

すこし複雑なので今回は説明を省きます。

まとめ

ゲーム配信って難しそうだなと思っていましたが、やってみると結構簡単です。

YouTubeやニコ生などのコメントが流れるようなサービスではプレイ中に攻略のアドバイスをもらえたりします。

お使いのPC環境や、「もっときれいに映したい」等こだわりを持つ方には細かな調整をする設定が必要になる場合もありますが、今日ご紹介した設定で基本的には配信できますの気になる方は是非挑戦してみてください。

わたしはいろんな人の動画を参考にさせて頂いているので、ひとりでも多く配信者が増えると嬉しいです。

最後まで読んでくれてありがとう。

最近ゲームの記事を書いてゲームをする時間がなくなっちゃってるよ!w

PC・ゲーム
まいみゅーをフォローする
プロフィール
プロフィール

ドジっ子をこじらせた結果ADHDであることが発覚。
ぽんこつ人間から進化して、自分らしく生きるためにフリーランスでデザインの道を志すことを決意。
まいみゅーじあむとは、そんな管理人まいみゅーがお送りする雑記ブログである
もっと詳しい自己紹介

🎨アイコン&ヘッダー屋さんはじめました🎨
お仕事依賴について
TwitterのDMかメールでのお問い合わせも受付中。
まいみゅーじあむ

コメント

まいみゅーのつぶやき